その他

【初心者向け】ブログの冒頭のインパクトを付けて読みやすくする方法

ブログを書いていてこんな悩みに直面した事はありませんか?

 

「記事の閲覧時間が短いなぁ」

「導入部分にインパクトがないかも」

「自分の伝えたい事が伝えられているか不安」

 

私も最初の頃の記事は第一印象の部分が下手で直帰率や閲覧時間が全く伸びませんでした。

 

そこで改善の為に友人に意見を聞いた事があります。

 

~会話内容~

 

友人「最初からこれだけ書けたら十分じゃない?」

 

私「確かに、これから経験を積み上げていけば良くなるか」

 

いやいや、ぬるま湯で現実逃避してるだけで何も解決していない!

これだと何も成果が得られないまま終わる事になってしまいます。

 

そこで普段100サイト以上から情報を収集している私がその経験を元に有名ブロガーさん達の冒頭の始め方を集めてきました!

 

結論として、全員が実践できる様に丁寧に解説していきます。

 

ポイント

  • 記事が読みやすくなる
  • 記事の書き始めが安定
  • どのジャンルにも対応

 

という感じです。

読みやすくなるように頑張りました。

これが情報を元に作成した冒頭の始め方になります。

 

実際に集計して、多く使用されていた内容をミックスして形にしています。

ここからは実際にミックスした内容を分解して解説していきます。

 

 

冒頭の手法TOP3

 

 

権威性

ほぼ全員が使用していました。

今回の記事で言うとこの部分になります。

 

冒頭の切抜き

そこで普段100サイト以上から情報を収集している私がその経験を元に有名ブロガーさん達の冒頭の始め方を集めてきました!

 

という切り口で情報を発信しています。

実績や経験をアピールする事で信頼性が増し、記事の信頼性を獲得する手法です。

 

 

お悩み共感

こちらもほぼ全員が使用していました。

今回の記事で言うとこの部分になります。

 

冒頭の切抜き

ブログを書いていてこんな悩みに直面した事はありませんか?

「記事の閲覧時間が短いなぁ」

「導入部分にインパクトがないかも」

「自分の伝えたい事が伝えられているか不安」

 

不安や悩みに具体例を出して共感する事で、自分の求めている記事だと認識してもらう事が出来ます。

記事の閲覧時間が短い人はこの部分が弱い可能性があります。

 

解決まとめ

よく言う結論は〇〇ですという手法ですね。

今回の記事で言うとこの部分になります。

 

冒頭の切抜き

結論として、全員が実践できる様に丁寧に解説していきます。

 

見に来た人は全部の文字を読む事はありえないし、最後までちゃんと読む事もなかなかありません。

ですので、最初に結論を出して理由を解説していき納得してもらうという流れですね。

 

合わせて記事のポイントや目次を近くに配置されている事が多かったので一緒にご紹介します。

 

ポイント

  • 記事が読みやすくなる
  • 記事の書き始めが安定
  • どのジャンルにも対応

 

読者が記事内容を頭で整理しやすく、ここだけ目についても分かるようにしています。

お悩み共感をしない場合でもポイントだけの記事もありますので、お好みですかね。

 

 

最初から権威性なんてないよ

 

そう思う方も少なくないんじゃないでしょうか?

その部分を解決する方法を2種類見つけてきました。

 

特化型ブログ

専門性でジャンルを絞ってブログを作る方法。

権威性を語らなくてもすでに権威性があります。

 

USBケーブル大好きブログなんてブログ名があるとします。(あったらすみません)

わざわざ権威性を記事内に入れなくても専門性や権威性を感じませんか?

 

初心者が好きなジャンルで記事を書けだったり、特化にしろというアドバイスはこういう意味も含まれていたと感じました。

 

話がそれますけど、意外と需要がありそう。

意外とケーブルって性能差ありますからね。

 

そもそもアピールしない

とにかく情報を集めているブログに向いています。

疑問に対して答えだけを述べるシンプルなブログや完璧な情報量で記事を作成するブログはアピールをしていませんでした。

 

ブログのネタ探しでネット検索していて全然答えが見つからないブログはこの手法でも最初は大丈夫だと思います。

 

ちょっと違いますが、公式サイトは権威性をアピールしませんよね?それでも検索上位にいます。

情報が正しく、全てのデータがあるからおのずと権威性が出てくるんです。

そんな感じだと思えば分かりやすかなと思います。

 

 

おまけの手法

目についた手法を紹介します。

ざっと書くので興味があれば見てください。

 

冒頭の名前挨拶

名前を売って覚えてもらう方法です。

周りに広める手法ですね。

リピート率が上がると思います。

 

Twitterの埋め込み

お悩み部分の信憑性を上げたり、レビュー内容の底上げに使えます。

講師だったらこの人のおかげで〇〇がで来ました!みたいなツイートを埋め込んでたりします。

 

会話方式

キャラクターアイコンを使用して会話をしている風にブログを進める手法。

読みやすくなる半面、そこしか読まれない場合があります。

何も知らない状態から会話風を埋め込むのは難しいので、最初は文章で良いと思います。

 

文字拡大タイプ

注目度が集まります。

意外と使用されていないので、太文字や色付けで十分なのかもしれません。

あと文字がうるさすぎても邪魔ですよね。

 

人間関係アピール

有名人に拡散してもらう方法。

コミュ力や営業力があるなら記事内容よりもこっちのほうで稼げそうです。

-その他
-