ガジェット

おすすめゲーミングマウスを紹介していく【隠れた名作編】

地元の人にオススメされるお店って雑誌で紹介されているお店より信憑性がある。

と、言うことで全サイトからマウスを集計していると何故か紹介されているマウスがありました。

こういうマウスの方が意外と良い物だったりするんですよね。

ということで性能面をご紹介しつつ性能をレビューしていきたいと思います。

関連記事
【100サイト以上から集計】ゲーミングマウスのおすすめ人気商品ランキングTOP5

マウス紹介

Logicool G PRO X SUPERLIGHT

ワイヤレスマウス。

バッテリー70時間と長時間プレイが可能。

専用のマウスパッドを使用することで充電不要にする事も出来ます。

重さは63gと軽量タイプになっています。

応答速度(レポートレート)は1msなので、有線接続マウスと遜色ありません。

最大DPIは25,400になっているので自分の好みの速度に設定が可能です。

IPSは400なので高性能です。

左サイドに2つボタンが配置されているので、ある程度自分好みのショートカットを入力することが可能になっています。

マイナーというよりも新商品。

次世代のスタンダードモデルで性能も最高レベルなので新しく買うならコレ。


エレコム ゲーミングマウス 【DUX】

有線マウス。

重さは113gとやや重たく感じるタイプになっています。

応答速度(レポートレート)は1msなので問題ありあません。

最大DPIは2400なので小回りが利きやすいマウスとは言えません。

とはいえ一般的には十分な速度が出すことが可能です。

IPSは未記載ですが最大30インチ/秒の速度と、10Gの加速度にも的確に反応と記載あり。

他社製品と比較すると高速操作には適していないモデルだと思います。

左サイドに5つのボタンと左クリックの横に一つボタンが設置されているので、何でも出来ます。

結構紹介されていた商品の一つ。

めっちゃ安いうえに、ショートカットキーの多さが魅力的な商品。

ゲーム以外の用途にも使える一品になっています。

動画編集とか試してみたい人とかにもオススメ出来る商品。



BenQ ZOWIE S2

有線マウス。

重さは82gと軽量タイプになっています。

応答速度(レポートレート)は1msなので問題ありあません。

最大DPIは3200なので小回りが利きやすいマウスとは言えません。

とはいえ一般的には十分な速度が出すことが可能です。

IPSは未記載です。

左に2つの再度ボタンが搭載されているので、ある程度自由にカスタマイズ可能です。

普通の商品。だからこそ万人受けする商品なのかも。

結構BenQの商品は紹介されていました。

スペックを見る限り最高レベルとは言えませんが、持ちやすさ等が評価されていました。

個人的には価格にもう一声って感じですね。


ROCCAT Kone Pure Ultra

有線マウス。

重さは65,5gと軽量タイプになっています。

応答速度(レポートレート)は1msなので問題ありあません。

最大DPIは16000なので自分の好みの速度を出すことが可能です。

IPSは未記載ですが50Gの加速に対応しているので、高速操作には問題ありません。

左に2つの再度ボタンが搭載されているので、ある程度自由にカスタマイズ可能です。

マウスホイール下にもボタンが2つ搭載されています。

3色展開で好みのカラーを選べる商品。

スペック的にも十分で価格も適正な感じがあり、オススメできる。


Cooler Master MasterMouse MM710

有線マウス。

重さは53gと超軽量タイプになっています。

応答速度(レポートレート)は1msなので問題ありあません。

最大DPIは16000なので自分の好みの速度を出すことが可能です。

IPSは未記載ですが50Gの加速に対応しているので、高速操作には問題ありません。

左に2つの再度ボタンが搭載されているので、ある程度自由にカスタマイズ可能です。

軽量化がトレンドなので、悩んでいるならこれで良いと思います。

性能も価格も満足度が高いレベルで販売されている所が魅力。


終わりに

どの商品も必要スペックは十分。

というか最新モデルも同等スペックな事が多い。

技術革新がない限りもう打ち止めな感じがする。

だからこそ現在軽量化の波が来ているんでしょうか。

やっぱり持ちやすい事が一番ですからね。

そんな感じです。

関連記事
おすすめのゲーミングキーボードを人気メーカーから厳選してみた
関連記事
【100サイト以上からサイト集計】実況、配信におすすめのマイクTOP8ランキング
関連記事
【100サイトから集計】ゲーム実況にオススメの外付けキャプチャーボードのまとめ

-ガジェット
-