その他

最近の新作ゲーム業界について思う事【セール早すぎ問題とか色々】

最近の新作ゲームは値下げが早すぎる。

ユーザーからしたら嬉しい話でもありますよね。

でも新作を初日に買って、数か月後に値下げされていたら損した気持ちになります。

損した気持ちというか実際の所、損してますよね。

別にセールを否定しているわけではありません。

セールがあるおかげで買う予定ではないゲームも購入できるので助かっています。

もう1つ思う事があります。

それは実況動画についてです。

実況で動画が投稿されるので、見れば買わないでも内容が分かってしまう状況についてですね。

私も買う予定がないゲームはyoutubeのゲーム実況で済ませてしまう場面があります。

上記に思う事について思う事をビックタイトルを例にして一個人の感想を述べていきます。

書きたい事を書いているだけです。話題がそれまくっていますが許してください。

バイオハザードシリーズ

出典:バイオハザード ヴィレッジ | CAPCOM

カプコンの超人気シリーズですね。

カプコンはゲーム配信を認めています。

関連記事

昔と違って堂々と配信できる良い時代ですよね。

これにより企業に所属している配信者はカプコンのゲームを配信でプレイすることが急に多くなった印象です。

ストーリーがある新作ゲームを初日から配信可能ってどうなの?

公式が許可しているので問題ないとは思ってます。

そもそも許可がなければ配信しないのか?

答えはNOです。

昔から新作ゲームは普通に配信されていました。

企業側も黙認している状態でしたね。

本当の理由は知りませんが、いちいち裁判にする労力や時間がもったいないからと言われていました。

私も会社勤めの時に問題を発見してもまずは穏便に解決しようと考えたので気持ちは分かります。

そもそもゲーム実況は営利目的ではなく趣味でしかなかったので許されていた感じはありましたけどね。

少し話がそれましたが配信は許可されているので今はしない方が損なレベルです。

むしろ趣味としては良いとは思いますね。

新作ゲームの配信を見つつ購買意欲を高めるには

新作ゲームの動画や配信を見ただけで購入しない理由は色々とあると思います。

その中の理由の1つとしては自分でやるより見てる方が楽しいから。

これに関しては歳を重ねると分かると思います。

歳をとるとプレイ時間が減っていくんですよね。

上記に関連してもう1つの理由は配信者が長時間プレイしていること。

自分でプレイする時間よりも長く、動画として編集されていると見やすいので楽なんですよね。

需要と供給があっていると言えるのかもしれません。

ゲーム業界的には不利益な感じもしますけど、許可しているし大丈夫なんでしょうね。

広告費用が一番かかるって言いますし、宣伝になるから意外と損はしていないのかもしれません。

もしくはソシャゲの資金が役立っているのかもしれません。

関係者に話を聞いてみたいことナンバーワンです。

またまた話がそれましたが、購買意欲を高めるなら1日に配信できる時間に制限を設けることでしょうか。

先が気になるから自分でプレイすると思わせた方が利益には繋がりそうですよね。

見ていた実況が失踪したりするとそのゲームを買って自分でプレイするなんて経験ありませんか?

私はあります。

そこで気が付くんですけど自分でプレイした後に実況を見た方が楽しいんですよね。

なので最近は自分でプレイしたゲームの実況ばかり見ています。

1日に配信できる時間に制限を設けるとどうなるか?

私が考え付くメリット

  • 先が気になって自分で購入してプレイする
  • 動画視聴時間が減って別の事に時間が使える

パッと思いつくのは上記の2つくらいですかね。

あくまで想像なので現実は変わってくると思います。

実況者側はアカウントを複数作成し、パートごとにアカウントを変更して配信するでしょう。

別の事に時間が使えるならば別のゲームを視聴する時間に使うでしょう。

世の中で大事なのはモラルってことですね。

FF7リメイク

出典:クラウド・ストライフ | CHARACTER | FINAL FANTASY VII REMAKE | SQUARE ENIX

正直な話、すぐにセールがくることは予想出来ていました。

1作品で完結しない数年かけて完結するゲームだからです。

新作が発売されたらセールが来るだろうし、時間が経てば割引もくると思っていました。

私はプレイしたくてセール前に購入しています。

ここ付近で初日に買わない気持ちが固まってきましたね。

理由は下記の通りです。

  • 直近の新規購入タイトルが「アンセム」「レフトアライブ」だったこと
  • FF7リメイクがPSフリープレイに追加されたこと

他にも色々と新作ゲームは初日に買ってきてますが、タイミングが悪かったですね・・・笑

これが若かったら話は変わってきたかもしれません。

この辺りの感覚の違いについて学生と話してみたいですね。

理由について深堀していきます。

直近の新規購入タイトルが「アンセム」「レフトアライブ」だったこと

出典:「Anthem」ゲーム - EA公式サイト - Electronic Arts

まずはアンセムですね。

ゲームの内容としては好きでした。

問題はちゃんとプレイできないバグが多かったことですね。

オンライン専用ゲームなのにマッチングしなかったり、進行不能になったりと散々でした。

開発側も改善に努めていて最近までアップデートを繰り返していました。

コロナの影響で今後のアップデートが中止になったのは悲しいニュースでしたね。

ファンも多く、完成した続編を望む声も少なくありません。

私もその一人です。

ですが、フルプライスで購入しても満足にプレイできないとなれば問題ではあります。

すぐ中古でワンコインでワゴンになっていたので、損した気持ちはありました。

出典:MEDIA | LEFT ALIVE | SQUARE ENIX

次にレフトアライブですね。

  • FFのディレクター
  • メタルギアのキャラクターデザイン
  • アーマードコアのメカデザイン

こんなのゲームオタクからしたら買わない理由はないですよね。

オタク以外にも分かりやすく言うと誇張表現ですが「いいとも」の最終回くらい豪華なわけです。

ですが、ふたを開けてみたらリアルを求めすぎてスーパーハードなゲームでした。

久しぶりに触ってみて「無理だ」と投げ出したゲームですね。

いくら大好物でもお寿司とパフェをジュースで混ぜたら味はイマイチになるわけです。

今はアップデートで難易度の改善がされているので、プレイしやすくなっているらしいです。

ちなみに当時の価格は9,000円を超えていました。

高いのに自分には合わないソフトだったとがっかりしたのを今でも覚えています。

ちなみに価格を確認するためにAmazonをチェックしたらこんな画像がありました。

Amazon

ガンダムブレイカーは購入していませんが、危険な臭いがしてきますね笑

FF7リメイクがPSフリープレイに追加されたこと

発売してから期間が経過してからにはなりますが、PS+(月額制サービス)に加入していると無料でDL可能な時期がありました。

フルプライスで購入したのにフリープレイに追加は結構ショックでしたね。

このあたりで価格的な問題よりも初日に購入する意味が分からなくなってきました。

しかも追加コンテンツはPS5のみでプレイ可能です。

PS4で初日に買って追加コンテンツはPS5です。

PS5を購入できていないのでプレイが不可なんですよね。

そもそもPS4のスペックでは限界レベルのクオリティだったので、理由は分からなくありませんが私は開発者ではなく消費者なので普通に納得いきませんでしたね。

新規タイトルの購入意欲がさがってきた

ここまでで購入意欲が下がる理由を説明してきました。

特にPSのソフトですね。

switch独占で発売されるビックタイトルは値下げが少ないので新規で買っても損した気持ちがあまり感じません。

まぁ安くなってくれた方が嬉しいので一長一短ですけどね。

それでも両方のゲームのセールを確認していると最近発売したばっかりじゃない?と感じるゲームが多く値下げされています。

1人プレイ専用ゲームであればちょっと待った方がお得なんですよね。

未プレイのセールゲームをプレイしていたらいつの間にかセールが来ていて安く購入できるループができるので、お財布には優しいです。

そもそも初日に新作ゲームを買う必要があるのか?

別に買う必要はないですよね。

初日に買わなきゃいけない理由なんてありません。

特に昨今はセールもすぐくるので、買った方が損することもあります。

では初日に買った時のメリットがないのか?と言われるとそうでもありません。

初日に購入するメリット

オンライン対戦ゲームなど、マルチプレイゲームは初日に買った方がお得な場合が多いです。

理由としてはプレイ人口ですね。

大流行すればプレイ人口の減少はゆるやかですが、多くのマルチプレイゲームは流行が去るとプレイ人口が減っていきます。

対戦ゲームであれば同レベル帯のマッチングがなくなり格上とばかり対戦なんてこともありえます。

発売から時間が経過してから何も知らない状態で格上に初心者狩りされたら楽しさを味わう前に挫折する人が大半でしょう。

上記の理由からオンライン対戦ゲームは初日に買った方が良いと感じますね。

価値観や好み、実力も近い方が楽しさは大きいですからね。

もう一つが情報発信できることですかね。

簡単に言えば話のネタですね。

私の場合はブログですが、Twitterやyoutube動画などでも発信できます。

メリットと言えるかは微妙な所ですが、新作ゲームを早期購入するなら情報発信を合わせたら損した気持ちが軽減できるというお話です。

「クソゲーでも話のネタになるしラッキー」くらいな感覚で購入できます。

才能がある人なら収益化できるんじゃないでしょうか。

昔と違ってグレーゾーンではなく、公式が許可しているので安心安全な作品が多いです。

推奨はしませんが学生ならyoutube動画の編集で培ったスキルで将来の就職に役立つ場合もあるかもしれません。

まとめ

今の時代、情報発信をしている方がストレスフリーです。

趣味ではじめて、成功したら一石二鳥ですよね。

副業もできる会社も増えているので問題は減ってきています。

そもそも簡単に成功できる業界じゃないので、趣味で続けられる時がチャンスですよ。

失敗経験者の私が自信をもって言える唯一の内容ですね笑

是非反面教師として踏み台にしてください。

-その他
-, , , ,