オススメ ガジェット

おすすめのゲーミングキーボードを人気メーカーから厳選してみた

ゲーミングキーボード

光るキーボードがゲーミングだと思っていた時期が私にもありました。

実は色々と機能があってのゲーミングなので、さらっとご紹介します。

その後に売れ筋をピックアップしていきます。

Nキーロールオーバー

同時にキーを入力しても正しく認識される機能です。

同時に10キーまで認識出来るものを10キーロールオーバーと言われます。

アンチゴースト

複数同時に押したときにキーが正しく認識される事。

キーロールオーバーが入力されない事に対処してくれる機能。

アンチゴーストは意図しない誤入力に対処してくれる機能。

マクロ機能の有無

キーの組み合わせを自由に割り当てられる事。

同時入力であったり、一連の入力を1つのキーで出来るようにする機能。

キーの種類

キーの方式

メンブレン方式:静音性が高い。リーズナブル。

メカニカル方式:キーの内側にスイッチやバネを使用しているので快適な反応。耐久性に優れている。

静電容量無接点方式:キーを押したときの抵抗感が少ない。耐久性が非常に高い。

キーの軸

代表的な軸

赤軸:クリック感が少なく、打鍵音も静か。

青軸:クリック感が強めで、しっかりと返ってくる感覚。打鍵音が大きめ。

茶軸:バランス型。赤軸と青軸の中間の位置。初心者向け。

その他詳しいデータはこちらが参考になります。

出典:メカニカルキーボードの軸とは?キースイッチ13種類の違いや比較まとめ|とにかく、すきなことだけ

単にゲームをするだけなら性能で選んでもいいですが、配信や友達とボイスチャットをする場合は静音性が高い方がオススメ。

予算から考える

約5,000円~30,000円で様々な種類のキーボードが販売されている。

最初は安い価格の商品を購入し、徐々に高い商品を購入するのも〇

なるべくハズレを引かないようにするなら有名メーカーから選ぶと◎

オススメのゲーミングキーボード

Logicool G ゲーミングキーボード 有線 G213

ポイント

エントリーモデルとして買いやすい価格

フルサイズキーボード

メディアコントロールボタン付き


Logicool G PRO X ゲーミングキーボード テンキーレス 有線

ポイント

バランスの良いキーボード

キースイッチを付け替えできる


Logicool G テンキーレス ゲーミングキーボード 無線 G913TKL

ポイント

全部盛りの最強製品

薄型ワイヤレス

キースイッチを選べる

価格が高い


関連記事
LogicoolGの人気ゲーミングキーボード2種を比較【PROXとG913TKL】
関連記事
レイザーとロジクールの人気ゲーミングキーボードを比較【ベストセラー商品】

SteelSeries Apex Pro TKL

ポイント

最強製品その2

アクチュエーションポイント機能(押す深さで反応する感度を調整できる)

スマートディスプレイ

マグネット式リストレスト


関連記事
【APEXPROTKLとG913TKL】人気ゲーミングキーボード2種を比較

Razer BlackWidow Lite

ポイント

珍しい白カラー

オレンジ軸

静音力を上げるOリング付属


Razer Huntsman Mini

ポイント

60%キーボード

小さい


関連記事
【HuntsmanMini】と【RazerBlackWidowLite】どっちがおすすめ?比較レビュー

終わりに

今回紹介したキーボードは特に有名なメーカーをチョイスしています。

他にも様々なメーカーがゲーミングキーボードを出しています。

今回紹介した商品は性能に関して十分な性能を持っていると思いますので、デザインで選んでも良いかもしれません。

そんな感じです。

-オススメ, ガジェット
-