ガジェット

ipad Air4はipad Proよりも買いなのかスペックと価格を見る

2020年10月発売

本日のイベントで発表されたipad Air4

性能がproを超えてくる部分やコスパの良さが魅力的

どういう部分が魅力的かネットで生きていく視点

色々と比較していきたいと思います

 

比較表(Wi-Fiモデル)

価格面やWi-Fi環境を考慮すると

Wi-Fiモデルで十分と判断

ショップで買うならcellularも良し

11インチ ipad Pro(2020)10.9インチ ipad Air4
CPU※144,130点61,782点※2
高さ(同じ)247.6 mm247.6 mm
幅(同じ)178.5 mm178.5 mm
厚さ5.9 mm6.1 mm
重さ471 g458 g
オーディオ4スピーカー2スピーカー
認証Face IDTouch ID
充電方式USB-CUSB-C

※1PassMark iOS Benchmark Charts - CPU Ratingより

※2CPU性能が40%UPなのでざっくり推測

カメラは超広角があるかないかの差

超広角があるのがipad Pro

 

CPUとGPU

正直一番の注目点は処理性能ですよね

現行のipad Proを余裕で上回ってきそうです

CPUは全体的な処理速度の部分なので

歴代で1番の処理速度をAirが出してくると思います

 

AirのGPUは4コア

Proは8コア

GPUは画像の表示などの速度の部分

動画の編集とかの処理はコア数が多い方が良いよって

簡単に言えばそんな感じですね

クリエイト目的ならProって事ですかね

 

リフレッシュレート

Airは60Hz

Proは120Hz

簡単に言えば

1秒間で何枚のパラパラ漫画を描いているか

(分かりにくかったらごめんなさい)

 

結構画面のヌルヌル度に差がでる

ここは120Hzを推していきたいですね

 

そもそも必要なのか

私自身はipad Proの2018年モデルを利用しています

正直な所、それPCで出来るよって事が多いです

 

使用用途

じゃあどういう時に使うの?って話になると

動画視聴やブログの執筆をデスク以外でする時ですね

 

好きな時に好きな場所で出来るメリットはありますし

やりたい事は実現可能なスペックなので

外出がしやすくなったら利用頻度は増えそう

 

後はapple pencilが最強

素人がデザインに挑戦したいなら

これ以外の選択肢がない

それくらい最強

 

デメリットは充電くらい

処理の負荷が多いとやっぱり電池は減る

経年で残量の最大値も減る

そこはちょっと気になりますね

 

ipad Airは買いなのか?

コスパも性能もそうとう良いので

proが欲しいけど値段的にって人は良い思う

 

もしproに切り替えたいってなった場合は

下取りか中古で売れば良いから

チャレンジする観点ならお得

値崩れもほぼないですしね

 

中古市場も選択肢

楽天市場なら中古が出回っており

綺麗な状態の製品も多くあります

2018年モデルのipad Proなら

ipad Air4の価格に並ぶ品も見つかりました

新品じゃないと抵抗があって悩む人は

新品で買った方が絶対後悔しないから新品を選択しましょう

 

上記でも言った通りapple製品は値崩れがしないです

中古で買って満足できないなら売って

新型を購入すれば自分に合ったスペックを選べるし

いらないと思ったらそこで終われば良い話

痛手が少ないのが中古の良いとこ

 

ざっとまとめましたが

少しでも参考になれば幸いです

-ガジェット
-